クラウドタイプのグループウェアを活用しよう【システム選びが大切】

大切な人材の確保

TV電話

遠くにいても大丈夫

日本にいながら国外の人材を確保しようと考えた時は、テレビ電話面接を利用しましょう。テレビ電話面接はインターネット環境が両者の間に整っていれば安価に行えます。特定のソフトを利用して行うことになりますので、相手がそれを持っているか事前に確認しておくと良いでしょう。無料で利用できるソフトがありますので、それを活用すれば相手にコストの負担をかけずに済みます。面接官としてテレビ電話面接を行う際は、事前に機材の保守点検を行います。声が通じなくなった時のために相手の電話番号も控えておくと良いでしょう。面接は企業の側も相手に配慮して行う必要がありますので、音声や画像が途切れないか確認が欠かせません。またこうした面接は夕方以降にも行えるのがメリットですが、一般的な面接と同じように会社内を清掃しておきましょう。後ろに人が行き来したり雑音が入ったりすると面接を受けている人に不躾な印象を与えてしまいます。またテレビ電話面接を行う際も通常の面接と同じ服装で臨みます。他にも相手の履歴書やメモ用紙など、テレビ電話面接に向けて必要なアイテムを揃えましょう。少しでも面接を受ける人に良い印象を与えたい場合、ライティングに注目することが大切です。明るめの画面の方が人に親しみやすい印象を与えますので、表情がかげるような証明は避けましょう。ライトやレフ版を使って光を集めれば良い演出効果が生まれます。またパソコンに合わせて姿勢を前傾させないように気をつけましょう。威圧感を与えてしまいます。

Copyright© 2017 クラウドタイプのグループウェアを活用しよう【システム選びが大切】 All Rights Reserved.