クラウドタイプのグループウェアを活用しよう【システム選びが大切】

コストを抑えてやりとり

チャット

社内の情報共有方法

スマホが普及した現在では、プライベート用だけでなくビジネスシーンでもよく使われています。社内の情報共有ツールとして今まで使われてきたのは固定電話やパソコンでのメールが中心でしたが、現在ではスマホでの情報交換が主流になりつつあります。既存のSNSを利用する方法もありますが、セキュリティー等も考慮すると社内向けチャットアプリがオススメです。社内向けチャットアプリとは、通常のチャットツールは勿論のこと、画像や動画ファイルのやり取りできる非常に便利なスマホ用アプリです。スマホ用チャットアプリは数多くの種類があり、どのチャットアプリが良いか悩むところです。チャットアプリの選び方は、まずどのような使い方をしたいかで選びましょう。チャットやテキストのやり取りだけの最低限のツールだけで良いのであれば、無料のチャットアプリでも可能ですのでコストもかかりません。画像や動画共有、音声通話やテレビ電話も利用したいのであれば多機能な有料のチャットアプリがオススメです。有料だとセキュリティーも行き届いており安心です。同様の機能のチャットアプリが複数あるのならば、無料体験版を利用して一定期間お試しで使い確認するのも良いでしょう。複数の社員に試してもらい意見集約してどのアプリにするか決めて下さい。チャットアプリは情報共有だけでなく承認機能も優れています。いいねボタンをクリックすれば承認の意思決定ができるのでメールよりも素早く処理できます。

Copyright© 2017 クラウドタイプのグループウェアを活用しよう【システム選びが大切】 All Rights Reserved.